ブランド認知拡大

戦略的アフィリエイト活用術

企業のブランディングにおいて、SNSを利用する消費者への情報発信が注目されています。

商品認知の拡大に、SNS広告を有効活用できていますか?

これからのWEBマーケティングでは、ダイレクト広告とブランディング広告の境界がますます無くなっていくと言われています。

ダイレクトマーケティングでの新規顧客獲得を目指すのであれば、同時にブランド認知を高め、新規顧客の獲得や商品の購入を効率的に伸ばしていく長期的な施策が必要になります。

認知度や購入意向などのブランディング指標を向上させることは、最終的にはレスポンス広告での成果につながり、逓増的な売上を実現する仕組み作りにより勝ちパターンを構築します。

ブランド認知とダイレクトマーケティング

企業や商品の公式SNSの認知を広げる広告配信から潜在層のユーザーへアプローチしていきます。

公式SNSの情報発信を見ることで顕在化したユーザーがすぐにアクションに移れる広告効果的なターゲティングで配信できるため、購買に繋がる可能性が高まります。

また、購入に至らなかったとしても、リターゲティング広告のためのトリガーによる活用 、リスティング広告の併用による検索ユーザーの刈り取りを行い総合的な広告運用のベストプランをご提案します。

3大SNSの特徴を抑えて有効活用

それぞれのSNS広告の特徴を理解し活用することは、認知度向上やフォロワー数増加などのKPI達成のための有効な手段になります。

SNS広告を活用したブランディングを効果的に行うために、各SNSの特徴を抑え、目的に合わせた広告選別と細やかなターゲティング設定を行える運用ノウハウを駆使することで広告効果を最大化いたします。

Facebook

Facebook

実際の友人とのつながりだけではなく、ビジネスでの仕事上の関係の人とつながる事をメインとして利用している人が多いコミュニケーションプラットフォーム

Facebook運用ではエッジランクという、
親密度(Affinityscore)×重み(Weight)×経過時間(Time)
この計算方法でスコアを算出するアルゴリズムが鍵になります。

企業の投稿や広告の表示にも、運営するFacebookページの「いいね!」や「シェア」などが大きく影響するため、ブランド認知の広告による対策が必要になります。

Instagram

Instagram

Instagramは、世界観を重視した綺麗な写真投稿#ハッシュタグを巡って投稿を見る文化が特徴的です。

そして、が外部サイトへのリンクが貼れるのはプロフィールのみのため、インフィード広告を配信することで効果的に商品のページへワンクリックで誘導できます。

また、フォローしている人以外の投稿はフィードに流れないため、アカウントのフォロワーを増やすことが重要になります。

Twitter

自社

Twitterは、他のSNSに比べて拡散力が非常に魅力的な媒体です。

「リツイート」という機能によって不特定多数に情報が拡散して届く特徴があるため、ユーザーの反応を得るキャンペーンなどの実施が効果的です。

SNSを利用したブランド認知向上

複数のSNSアカウントによって情報発信することは珍しくありません。

企業のSNSアカウントの運用においてSNS広告を上手に使いこなすことは認知度向上やフォロワー数増加などのKPI達成のためにも有効です。

ですが、公式アカウントの運用をしながら、アカウント自体の認知度向上や販促広告の配信をするのは企業様だけでは大変な負担 になります。

弊社が持つノウハウで、目的に応じた最適なターゲティングの設定にて広告運用を行い、公式アカウントのブランド認知から商品購入まで一貫したSNS広告の運用をお手伝い致します。

ご意見、お見積もり、ご不明点などお気軽にご相談ください お問い合わせはこちら

ダイレクトマーケティング

インフォメーション

新規顧客獲得

ブランド認知拡大

既存顧客の育成

通販通信

通販広告